つぼみんZ

稲垣早希 - つぼみんZ

つぼみんZ

よしもと発めっちゃおもろいアイドルつぼみをとにかく推すブログ

7月26日 はびきの軽トラ市  

7月26日(日) 羽曳野市駒ケ谷駅西側公園
はびきの軽トラ市 シュークリーム

DSC_1370_D722.jpg


まず・・・

「最近シュークリームの記事ばかりじゃねーか!!」と思ったそこのあなた!(`Д´)


いや、ほんとリリイベが終わった後はつぼみのイベントがパッタリ無くなって、僕も7月はシュークリームばかり見た印象しかない。
運営はイベントの入れ方をちょっとは考えろよな...(´_`)


でもまぁ次の記事は須磨ですから!

写真沢山ありますからー!!!


そんなわけで、
今回は引き続きシュークリームの写真展です。←
.

Posted on 00:26 [edit]

category: シュークリーム

tag: しより  吉岡久美子  稲垣早希 
tb: 0   cm: 5

1月5日 EVEMON TKF!  

1月5日(月) コラントッテホール
EVEMON TKF! シュークリーム、人妻ニャンコ

B6loBnvCcAAmErx.jpg

昨年11月から始まった、若手お笑いファンの間で色々と話題のライブ「EVEMON TKF!」。

読み方は「エブマン ティーケーエフ」。
「Every Monday Tamura Kenji Family(?)」の略。
たぶん。←

そのたむけんさんが主催するイベントへ、シュークリーム&人妻ニャンコ初登場!。

イベントの流れ

1.MC挨拶 (19:00~)

2.5分ネタブロック①

3.2分ネタブロック

4.5分ネタブロック②

5.コーナー (20:45~21:12)

6.エンディング(全員登場)(~21:20)
.

Posted on 23:44 [edit]

category: シュークリーム

tag: しより  吉岡久美子  人妻ニャンコ  稲垣早希 
tb: 0   cm: 0

(勝手に)第59次エリ早希戦争:ワースト脳力王決定戦いってきたよ。  

8月29日(木) なんばグランド花月
よしもとワースト脳力王決定戦 夏休みスペシャル!~おバカ達の夏休み最後のお勉強!~
(※注 このイベントにつぼみは出演していません。)

wst1.jpg

まず最初につぼみ応援ブログでありながら、なぜこのイベントのレポを書くのか?。
その経緯を説明させていただきます。

"エリ早希戦争"のレポートと言えば砂漠界で知らない奴はもぐりだという有名人gavangavanさんが、ライフワークに近い勢いで執筆されている人気コンテンツです。
http://gavangavan.hatenablog.com/

しかしそのgavanさんが先日、自らの極度の特撮好きがたたって自分の左手を改造手術するという暴挙に出たために、完成するまでしばらくイベントに行けないという緊急事態が発生しました。

これはさぞかし無念であろうというgavanさん、
そしていつもその戦争レポを楽しみにしている読者の皆さんのために・・・!。

最近ではつぼみイベントで忙しくてエリ早希からはやや遠ざかっている私ですが、
ここはNGKへ馳せ参じ、大変微力ではありますが代わりに筆を取らせていただく決意をした次第です。






WS001962.png


Posted on 06:08 [edit]

category: その他

tag: 稲垣早希  小泉エリ 
tb: 0   cm: 6

Revolution!! ~新生つぼみお披露目公演~  

5月4日(日) 5upよしもと
Revolution!! ~新生つぼみお披露目公演~

3-48-112[1]

開花宣言Finalから一月。
「新生つぼみ」「新曲披露」「新メンバー登場」
そんな謳い文句が踊っていたRevolution!!のイベントレポです。


イベントの流れ

1. VTRメンバー紹介 (19:00)

2. 新メンバー紹介

3. 歌『Are you ready』

4.MC 桜 稲垣早希  新メンバー挨拶

5. VTR つぼみとデート ~まちあわせ~

6. こまごめピペット オリジナルソング (19:17)
  寸劇① 
  中上亜耶 マジック
  寸劇②
  八木沙季 腹話術
  寸劇③
  シュークリーム 漫才
  寸劇④
  福田麻貴 おばちゃん
  寸劇⑤
  りんごあめ 漫才
  寸劇⑥

7. VTR つぼみとデート ~デート中~ (19:45)

8. 全員登場→ VTR つぼみ会議 → VTR 芸人サポーターメッセージ

9. 歌うま王決定戦 (19:58~20:44)

10.VTR つぼみとデート ~別れ際~ (20:44~20:50)

11.歌『cheer up』

12.新人感想 →月亭八光 メッセージVTR →体重測定

13.アンコール 歌『Are you ready』

14.VTR 次回イベント告知

 21時18分終了 グッズ販売・握手会へ



各演目の中身・感想

0.開演前

元々いつも通りの公演前グッズ販売を予定していたのか、
5up劇場では他にあまり例のない開演45分前に開場。

グッズも無いので別にゆっくり行ってもよかったのですが、
最近いつもある開演前VTRを見ようと早めに入場してみたら・・・

どうして今回に限ってVTRも何も無いんですかー!!?。
45分無駄な時間を過ごしました orz

いつもは「グッズ列に並ぶから開演前のVTR見られねーだろ!」とちょっと勝手な事言ってますが、
今回こそ事前公開されていたものと同じでも良いから新曲の練習風景でも流しておいて欲しかったです。



1. VTRメンバー紹介 (19:00)

アニメ界屈指の名曲『Tank!』にのせてのVTRでしたが・・・
「高校生が覚えたてのWindowsムービーメーカーを初めて使ってみました!」的なゆるいVTR( ゚д゚ )

1人1人の特に面白みも無い写真を
のそーーーっとスライドさせていくだけの作業を12人、単調に繰り返しで退屈。



2. 新メンバー紹介 

3人に順番にスポットライトがあたり、簡単な自己紹介。
でも声の緊張と珍しい名前のせいで
観客には名前すらはっきり伝わらない。

集中して見てた僕ですらそのまま中盤までえりかちゃん以外の2人は名前がよく分からず、
ずっとモヤモヤさせられました。
(※えりかちゃんだけは名前がわかりやすいから。)

既存メンバーのしょーもないオープニングVTRを作るくらいなら、
ここでこそ紹介VTRか、せめて名前だけでも背景スクリーンに出すべきでした。

picsart_1367681353101[1]

えりかちゃんはNSC34期生でコンビ『おとはいろいは』として活動していた経歴があり、
一部観客から驚きの声。
その他2人は外部からの採用だそうで、完全にニューフェイス。



3. 歌『Are you ready』

新曲は最後かと思っていたけれど初っ端でやや意表を突かれました。
ノリの良い曲調と歌詞が開幕にぴったり!。



4. MC 桜 稲垣早希  新メンバー挨拶

ちこ・・・怖い物知らず
えりか・・・まーぼうに憧れてる
いおん・・・フラミンゴが好き

まーぼう、ほんとモテるね。(百合的に。)

で、フラミンゴ??( ゚д゚ )



5.VTR つぼみとデート ~まちあわせ~

15人のメンバーが一言ずつ。
次々と切り替わって余韻も何も無い編集に全く何も感じない。
あ、雨女まりこりんのシーンだけはちょっと笑った。



6. こまごめピペット オリジナルソング『キミにバンザイ』

やっと来たこまピペオリジナルソング!。
でも音響が悪くて歌詞がほとんどわからない。
(聴き取れたのはバンザーイ バンザーイ♪のあたりくらいだけ。
ガスガスな声のせいではないと思う。多分。←)

サインボールで餌付けしたりと頑張っていたし、
曲自体は良いと思います。

こまピペは今までつぼみ内のコンビポジションでは
マキヨやりんごあめの後塵を拝することが多かったけれど、
本気でつぼみがアイドル化を目指すというのなら
この2人に求められる役割は大きくなりそうですね。



中上亜耶 マジック

「(ぽん!返し)聞こえませーん!」を舞台中央で倒立して足の裏のストッキングの文字を見せるという、
意表突き過ぎな衝撃的スタートで始まったステージ。

2人の観客を舞台にあげて、
左右から引っ張ると結んだロープがほどけるマジックでした。

観客1人目に選ばれたのは開花宣言Finalで指名されながらも座席が中央だったという理由だけでキャンセルをくらったDさん。

そして問題の2人目は・・・

-41-257[1]

やたらと”マックスむらい”Tシャツを壇上でアピールしまくっていたKさん。
(ちなみにマックスむらいさんは一世を風靡しているゲーム『パズドラ』の有名人です。)

悪ノリもあそこまで行くと清々しいというかなんというか(´A`)

でもヒモを引いて「痛い痛い痛い!!」という謎のリアクションは、
あやつる本人より笑いを取ったと思います。←
緊張のカケラも無く、ほんと舞台慣れしすぎだろ・・・。


まあ僕はあの2人とも知り合いなので、
ステージ上の振る舞いをニヤニヤ見ていられたのですが・・・

全く知らない方は
サンバに合わせてクルクル回って踊る中年おっさん2人をどう見ていたのか??。


考えただけでおそろしい((((;´д`)))))



八木沙季 腹話術

舞台では3回目となる腹話術披露。
少しだけどテクニックの向上がみられたし、
今回はネタがちゃんと作られていて、
ポテト君がAKBミックスを打つシーンはなかなか斬新だったと思いますw。

それにしても初披露衣装の、


image03.jpg
スカートの短さ!!(*´д`)


これはですね、

足を見せることでモゴモゴ動く口から少しでも客席の目をそらそうという、
さきぴょんのしたたかな戦略だと思います!!!←


あんな無邪気そうな顔して、なかなかやり手です←



シュークリーム 漫才

困ったオッサンに翻弄されるくうちゃんの図。

しよりちゃんのボケる演技がどんどん良くなってるし、
今回はとても落ち着いて見えたくうちゃんのハッキリとしたツッコミがわかりやすかった。

最後の落ち ワンナイトラブが完全に滑ったのだけが残念←



福田麻貴 おばちゃん

基本的には歌ネタ王準決勝で見せた物と同じネタ。
 
けれど今回は曲に入るまでのトークが短くてキャラに入り込めなかったのと、
なにより音響バランスが酷すぎてほとんどまーぼうのセリフが聞き取れず、
( ゚д゚)ポカーンとしてしまった。

E列という前方に居た僕ですらそうなので、
後ろの席の方はもっと酷かったでしょう。

つぼみイベントのリハって最低2回はやっている様子なのに、
こまピペの歌の時といい、音響スタッフは何してたんでしょう??。

歌ネタ王のNGK会場では音響が完璧でとても楽しめたネタだけに、
今回は完全にスタッフによって台無しにされてしまったのがただただ惜しいし悔しい。



りんごあめ メイド漫才

前回、開花宣言での漫才は良かったので期待していましたが、
旧態依然としたスタイルがまた復活してしまったようで・・・。
なんだか終始メリハリが無くて、淡々としてオチが付かず。

メイド漫才にこだわるという縛りを自ら課し続ける姿勢はすごいと思うけど、
それが重石になっているように感じられてくると・・・。

デブとかの見た目と年齢イジリ、
メイドはオワコンって自虐、
何とかしないとそろそろ(´A`)ワロエナイヨ



寸劇①~⑥

各パフォーマンスをテレビで見ているという設定で、
今までただ演目を並べていただけの構成から少し踏み出した感じ。

簡単な劇だったけど前後の出演者をいじったり、
ネタ内容を引き継いでいたりと楽しめました。

新人3人の出番確保としても良かったと思います。



7. VTR つぼみとデート ~デート中~ (19:45)

これまた一言ずつでどんどん切り替わる映像に何も感じられず・・・。



8. 全員登場→ VTR つぼみ会議 → VTR 芸人サポーターメッセージ

つぼみスタッフの会議の様子ということで流されたVTR。
ガチのものなら楽しかっただろうに、しょーもない茶番劇でした。

そんなもん作る間あるならIGOを出せ!IGOを!!!(`Д´) ←


芸人サポーターVTRでは
矢野・兵頭、土肥ポン太、矢野・兵頭、テンダラー、ヤナギブソン&浅越ゴエからのメッセージを放送。

具体的に芸人サポーターが何をするのか、
何のために設定されたのかが全く分からず、
さらにそのVTRに対するつぼみメンバーのオーバーなリアクションが
白々し過ぎてもう見てらんない…。

(例えばポン太さんが天龍源一郎の名前を出したら、全員が「おぉ~」と唸ってみたり。
 ぐぐってみたらプロレスの有名人らしいけれど、つぼみメンバーも絶対知らないだろッ!!?)

あのリアクションも散々リハで仕込まれたんでしょうが、
客席の反応と違いすぎる仕込みにほんと興醒め。


そんな中、
唯一ギブソンさんがつぼみを呼ぶと客が入ってありがたいと本音トークをしていた所だけが清々しい。

京橋花月時代は早希ちゃんをイベントに呼んで観客数を水増しすることが
『ドーピング』と呼ばれていたというのは有名なエピソードですが、
その役割をつぼみはちゃんと引き継げているんですね!!←



9. 歌うま王決定戦 (19:58~20:44)

それぞれ18番の持ち歌をカラオケで歌い、得点を競ったコーナー。

歌い手選曲点数感想
中上亜耶B'z 『ウルトラソウル』74.487いや~、何度聴いても酷いですね。← 
3位まで掲示されたスコアボード、後に88点が何人も上に並んで実質6位くらいになっても、いつまでも「私3位です!」と謎の主張を続けていた頑固さは流石です。
樋口みどりこ山口百恵 『ひと夏の経験』88.674モノマネを入れてる感じで普通にうまい。なんだか心配になるようなプロフィールの一言や微妙な改名が続いたみどりこちゃんですが、こんな風に昭和アイドルの雰囲気をしっかりこなしたり、器用に色々な側面を持つキャラがちゃんと育ってると思います。心配しなくても大丈夫。
松下千紘大塚愛 『フレンジャー』88.671カラオケ歌い出しに変なドラマパートが入ってると、その間が気まずいあるある♪。ごくごく普通~な感じにカラオケ。
水森依音相川七瀬 『夢見る少女じゃいられない』88.393感情の入れ方も良くてめっちゃうまく、カラオケ慣れしてる感じ。初登場でこれだけ堂々と歌えるって、この子本当に初舞台?!。もしかしてつぼみで一番歌うまになるかもしれない
加藤茉奈岩崎良美 『タッチ』88.468チャッターで散々歌が下手だといじられてきた歴史を持つ師匠。ムキになって本気で高得点を狙いに行く選曲と歌いっぷり、そして終わりのドヤ顔が大変師匠らしくて良い。 あ、歌のうまさ自体はごく普通~です^^
山口綾子鈴木聖美 with RATS&STAR 『ロンリーチャップリン』89.099声も太い。
吉岡久美子絢香 『三日月』90.111スタッフが曲を入れ間違うお約束。かなり緊張していた様子で、うまいけどあと一歩。僕は今のメンバーならくうちゃんが一番歌がうまいと思ってるので、こんなもんではないはず・・・!。
恵梨華DREAMS COME TRUE
『大阪LOVER』
88.678おでこキャラといい、この選曲といい、色々な思いがフラッシュバックして辛いから勘弁して欲しい←
福田麻貴広瀬香美 『ゲレンデが溶けるほど恋したい』90.273普通に広瀬香美しててすごし!。まーぼうがこんなに綺麗に高音を出せるなんて知らなかったから、ほんと驚きました。
しよりPRINCESS PRINCESS 
『M』
87.179最初に一番歌うまい人として挙手しただけあって、普通にうまい。今回は走り気味でタイミングがかなり外れていたので、普段ならもっとずっといい点をたたき出す予感
杉山優華aiko 『キラキラ』92.273歌い出し前に「この子、声がアイドルじゃないからなぁ」という多分まーぼうのガヤに(笑)。 しかし結果は最高得点!!。
まさしくコンピューター採点の限界を見た思いです。← でもこの子の声ってガスガスって言っても使いようによってはとても綺麗なので、もっと合う歌がたくさんあると思う。
ちゃい中島みゆき
『銀の龍の背に乗って』
76.602明らかに緊張しまくってる所へまーぼうのイジリが光るw。手汗を何度もスカートで拭いていたのが初々しくてかわいい。
金沢沙里衣CARPENTERS 
『Top Of The World』
88.518カラオケでただ一人、洋楽を入れてすべるヤツあるある~♪。なんだか英語を読むのに必死な感じばかりしてたのは惜しい。この歌はもっと弾むように、ただただ楽しそうに歌ってほしい
 

どうせつぼみの歌以外はカラオケと言われるくらいなら、
本当にカラオケをやってしまえ!という意欲的なコーナー??!。

採点で競うのは良いんだけど、なんとこのコーナーが延々50分!。
カラオケボックスで一緒にいるならまだしも、
客席から13人も連続で聴かされるだけの展開はきついきつい。
約140分の公演時間のうち、50分カラオケですよ?。
さすがに無いわ~。

一方、それだけ時間を費やしても歌えなかったのはさきぴょんとまりこりんの2人。
終始チラチラと舞台袖を確認しながら進行していたMC早希ちゃんですので、
歌えなかったのは単に時間が来たって理由でしょう。

けれど特にまりこりんは誰もが認める音痴なので
このコーナーで使って公開処刑しないなんてありえなかった。
最後に登場してあやつるの74点以下を出したら間違いなく一番盛り上がって、
だれまくった終盤を少し取り返せたのにね。

そういうのを考えられない点に、外部の雇われ演出家の限界を感じます。

あとはみんなガチで歌っていたのは良かったけど、1位を取っても結局特に何も無し?。
これだけ時間を取って順位を決めたんだから、結果に対してやはり何か賞罰があるべきでした。



10.VTR つぼみとデート ~別れ際~

最後だけちょっと長めのVTR。
だけど先の2つが酷すぎて覚えていないし、
連続性があっても伝わってこない。

メンバーとのデートVTRで思い出すのはもう2年も前になる、
浴衣姿のHIROKAと夏祭りに行くVTR。
あれは本当に綺麗で良く出来ていて、今でも思い出せます。

ガチオタの塚腰さんが作ったあの映像と比べて、
今回のは「お前たちオタクはこういうのが好きなんだろ?」と小馬鹿にしたような態度がなんだか感じられる、実に味気ない映像。
本当のオタクってそういうのに敏感なんですよ。



11.歌『cheer up』

安定のいい歌だけど『Are you ready』とちょっと雰囲気が被るので、
どちらかならば『VITALITY!』か『目指す夢』が聞きたかった。



12.新人感想 →月亭八光 メッセージVTR →体重測定

八光VTRで太ってると指摘された3名の体重測定。

小寺真理吉岡久美子恵理華
身長161cm166cm158cm
好きな食べ物ラーメンおはぎ豚・牛・鶏肉
体重54.3kg57.1kg54.3kg
 
おまけ・山口綾子・・・57.8kg

この測定はガチだったのか本気で嫌がり、
靴脱いだりベルトまで外そうとする姿に萌え。←

太り過ぎとは言いにくい微妙な測定結果が何とも言えないけど、
8月のイベントまでに5キロ痩せないと何かペナルティがあるらしい。

でもその「何か」をここで発表しないのがこれまた空虚な幕切れ。



13.アンコール 歌『Are you ready』

まーぼうとこまピペ2人によるHey!Hey!のフリのレクチャーからスタート。

いくら新曲とはいえ、限られた公演時間で同じ歌を2回聴かされるのは・・・。
それならもっと聞きたい曲、見たいパフォーマンスあるし。



14.VTR 次回イベント告知

次回イベントが6月16日にあるという告知のショートVTR。
なんか色々文字が書いてあったが、不意打ちだったのと表示時間が短すぎて全然読めず。
告知なのに読めないなんて、なんて斬新!!←

ほんと最後まで見る人側の立場を意識できない、酷いVTRばかりだった。





その他 感想など

新メンバーについて

3人の中で一番印象に残ったのはイオンちゃん。
カラオケコーナーの歌で初舞台とは思えない振る舞いを見せたのと、
ダンスは荒削りだけどとても丁寧に、真剣にやってるのが伝わってきました。

なにより業界最大手なイオンって名前が覚えやすくていいよね!←



物販・握手会

「新メンバー発表を隠しておくために開演後にグッズ販売します」と告知された時には握手会とごっちゃになってまともに進行できるのかと、
いつもの運営を知るつぼみファンならば誰もが心配になりましたが・・・
実際蓋を開けてみたら結構スムーズでした。

物販は売り子をいつもの若手芸人さんバイトじゃなくて手慣れたスタッフさんが担当していて、
数か所で注文を受け付けてテキパキ列を捌いていたのが良かったです。

握手会は相変わらず非常階段に並ばされるのには閉口ですが、
パーティションポールでホール内の誘導をしっかりしていたのは前回から改善が見られ、これまたよかったと思います。



まとめ感想

所々に新しい流れをイベントに入れて行こうという意欲は感じられたが、
特に音響・照明・映像・そして全体の構成では相変わらずメンバーの足を引っ張り続けるスタッフのダメっぷりが継続。

ぶっちゃけファンが一番喜ぶRevolutionは裏方陣の総入れ替えだったわけですが、
まだまだ同じスタッフが続投の模様。

ならばほんと多くは期待しないので、
せめてもう少し観客の視点を意識した製作を心がけてほしい。

余計な仕込はせずに、メンバーのリアルな舞台上での反応を見せてほしい。



そして目玉として打ち出された「つぼみアイドル化」という宣言。
これが本気なのかネタなのかすら結局よくわからなかったのが大問題。
なぜ今まで散々アイドルじゃなくガールズユニットだと言ってきたのにアイドル化宣言なのか?。

そしてもし本気ならば、今の時代は一口でアイドルと言っても本当に細分化されて色々とあります。

一体どんなアイドルをどうやって目指していくのか?。

そんな指針を一切示さずに適当なカラオケ&体重測定コーナーでごまかし、
ただ「アイドル化」という単語を連呼してもとても虚しいだけでした。

だからこれはネタなのかとも思えるのですが、
ネタならそれこそ改革の中身が何も無くなってしまうので・・・。



更にはなぜかイベント最後のメンバー代表挨拶が無かったのが非常に残念。
新しい体制を作って行こうというのなら、
今回こそ発表するべきことがたくさんあるはずだったのに。

おっさんファンが多いつぼみ、
堅苦しくても締めの挨拶を大切に思っている人は決して少なくないと僕は思っています。

例えそれに大した中身が無かったとしても、
「新体制で精一杯がんばります!」なんて自分の娘くらいの年頃の子に言われりゃホイホイ釣れるんですよ!!。←

NMB騒動で揺れた時の涙ながらのまーぼう挨拶の釣果は今もレジェンドです。←



そしてそして、
イベントでも相変わらず続くのがつぼみ内の年功序列制度。

前回ZAZAで2チームに分かれてのイベントはmore!組のほうが勢いがあったのに、
全体イベントに戻るとやっぱりこうなるのかというシーン多々。

このお約束構成に手を入れるだけでもちょっとだけRevolutionになり得たのにね。




以上なんやかんやと愚痴っぽくなってしまった部分が多く、
楽しめた方にはなんだかそんなのを読んでいただいて申し訳ありません!。

今回の内容には僕個人のイベントに対する心境の変化が多分に影響していると思いますが、
メンバーの子達が一生懸命なのは良く伝わってくるし、
そこがやっぱり一番好きなのは変わりませんので、
それに失礼の無いようには書いたつもりです。

でもこういうのが続くと、なんだかね~(´。`)

Posted on 11:18 [edit]

category: つぼみ

tag: つぼみ全メンバー  稲垣早希 
tb: 0   cm: 9

つぼみの開花宣言!! Final ~目指す夢~ <後編>   

前編(http://tsubominn.blog.fc2.com/blog-entry-86.html)
からの続きです。


7. ダンス『Time goes by』 チームMIX

『Time goes by』はたしか2回目?。

話題はやっぱりサリー初のMIX選抜入り。
まりこりんはその動きに笑いが止まらなかったなんていじってましたが、
バレエにもありそうなああいう動きのダンスなら全く自然に観られました。

この後のトークで早希ちゃんが
「真っ白衣装で全員HIROKAちゃんに見えた」と言ってましたが・・・
僕も全く同じ感想で観てました。
まさかの( ゚д゚ ) シンクロ。

全員真っ白といってもそれぞれ衣装の形は違ってまして、
中でもポンチョ風の衣装をまとった裸足のまーぼう、
なんだか雪ん子みたい(?)で
全てのまーぼうの衣装の中で一番似合ってると思うんだけどどうでしょう?!



9. コーナー 思い出写真グランプリ

メンバーがテーマに沿った写真を提出。
早希ちゃんがその中から優勝者を決定する流れでした。

テーマ:決まっている写真

写真を出した人写真の中身備考
加藤茉奈福田麻貴がダンス中、キックの瞬間。横に今井希世2人のポーズのかっこよさのギャップ
今井希世今井希世・たみ優子・加藤茉奈が横に並んで、背が階段状になっている完全に希世っていた・・・
中上亜耶 じぇじゅん♀のハロウィン仮装写真。その格好のまま帰ったロックだね

優勝→中上亜耶

13517796942199.jpg
↑ 今回の全ての写真の中で多分この写真だけがブログで既出。 
 かっこよさと手に持っているゴミ袋の対比がすばらしい


テーマ:恥ずかしい写真

写真を出した人写真の中身備考
八木沙季OBPイベント後、何かを夢中で食べているゴリラ風・今井希世「ゴリラキャラ取らんとって!」というくうちゃんのツッコミが秀逸
山口綾子小寺真理が横になって、おでこにペットボトルを載せている写真打ち上げでの露出狂小寺に素でドン引きの碧子萌え
吉岡久美子たむけんパネルから顔を出す八木沙季 いまいち伝わらず・・・

優勝→八木沙季
 きーちゃんの食べ物への執念が感じられるいい写真でした。
 
 まりこりんの写真に井後さんがNGを出していたそうだけど、
 あの写真に写っていない”下半身部分が全部露出されていた”という事実を知っていたならともかく・・・
 彼のNG基準は本当に意味が分かりませーん!( ノ^o^)ノ


テーマ:恐ろしい写真

写真を出した人写真の中身備考
樋口碧子碧子とサリーの間からじぇじゅん♀が覗き込んでいる写真安定のアゴに話題が
加藤茉奈テンダラーライブでの今井希世のゾンビコスプレ悪くないけどなんか普通
福田麻貴たみ優子のNSC時代。すっぴんで食べ物をむさぼっているもはやグロ画像の域!!

優勝→福田麻貴
 あのたみさんが「絶対出すなよ!!」と念押ししていたのも良く分かる、圧倒的勝利でした・・・。 


200130068.jpg
 ↑ ※優しさのモザイク(´;ω;`)




10.開花宣言振り返りVTR

駆け足で振り返る過去の写真。
でも映像の露出が明らかにおかしくて、写真ほぼ真っ白!!。

なんだか毎回真っ白や真っ暗なVTRがある気がするけど、
どうしてあの程度の調節も出来ないんでしょうか。
僕にはわからないよ




11.卒業生 3名挨拶  (TT)(TT)(TT)

じぇじゅん♀→今井希世→たみ優子 の順番に挨拶。


じぇじゅん♀ BGM 荻野目洋子『ダンシング・ヒーロー』

やっぱりじぇじゅん♀といえばこの曲!。

一年という短い時間だったけれど、
どう見ても異端児だった自分を優しく受け入れ、
指導してくれた先輩たちへの感謝の言葉が印象的で涙を誘いましたが・・・

最後になって貴腐人(母)さんも昨日、
仕事を辞めたと衝撃の告白!!!( ゚д゚ )

借金返すために一発当てて金持ちになる宣言!( ゚д゚ )

涙引っ込んだわ。


今井希世 BGM GREEEEN『キセキ』ウクレレバージョン

じぇじゅん♀の最後まで衝撃的な挨拶の余韻冷めやらぬ中、
流れてくるウクレレミュージック。
「南国気分で聴いてください」とか言われても無理だろ( ゚д゚ )

でもニコラン最終回の挨拶から予想していたけど、
最初からボロボロ泣いてるし、
なんかもうね・・・・(TT)

つぼみ卒業の決断には相当な葛藤があったこと、
ファン、メンバー、友人、家族、
そしてまーぼうへの感謝。

そして最後にウクレレで初の舞台生演奏!。
しんみりムードから一気に盛り上がる会場!!。

「皆さんも一緒に歌ってください!」

そう言って始まった演奏は
ほぼ初披露となる歌詞で、
 観客の誰一人も反応出来ませんでした。


そして思ってたよりずっと短い、
ワンフレーズだけで終わってしまった演奏に唖然・・・( ゚д゚ )

「おいっ それで終わりかよっ!?」と誰もが心の中でつっこんで、
涙が引っ込んだこと間違い無し。

しっかりと最後まで、今井希世プロの世界。


たみ優子 BGM 曲名? オルゴール

「(紙に)3枚も書いてきました!」
「最初の頃は差し入れゼロ、出待ちゼロ、握手会もスルーされた」
そんなたみさんらしいちょけた笑いを交えつつ、
”たみ”というキャラクターを育ててもらった事への感謝。

28歳という大人の女性らしい、うまい挨拶でした←



12.花束贈呈

小寺真理から じぇじゅん♀へ
福田麻貴から 今井希世へ
加藤茉奈から たみ優子へ

プレゼンター3人中、
じぇじゅん♀へのプレゼンターがまりこりんだったのだけが意外。
普通なら同期の碧子ちゃんだと思ったけど・・・ 腐女子繋がり?。

まりこりん「28歳までに結婚できなかったら私を貰ってください」
いつの間にそんな関係に・・・ ( ゚д゚ )
でもまりこりんは多分じぇじゅん♀の趣味じゃないから無理だろう。←


マキヨはしっかりと抱擁。

imgp9991a.jpg

これに関しては後述。


たみさんは明日から佐々に戻ります。に笑い泣き




13.会場からのメッセージカード紹介

いくつかのメッセージを紹介。

「たみ終電」 

「彼女できました」


希世 「これ持って帰りたい。」
早希 「1個しかないからバキバキに割らないとダメだね。」


この日の早希ちゃんはなんか冴えてたと思います。←



14.歌『目指す夢』(TT)

今回のイベントタイトルにもなっている目指す夢。
こちらが恥ずかしくなるくらい真っ直ぐな気持ちの詰まった、
本当につぼみにぴったりの良い歌詞。

作詞のあやつるぽんは普段はどう見てもアホなのに、
たまにブログやツイッターでもハッとさせられるような名言を書くから不思議な子である。



15.福田麻貴 挨拶

街中で知っているファンの顔を見かけると
こちらから反応してもいいものかとちょっと戸惑ってしまうなんていう
とてもまーぼうらしい微笑ましエピソードを交えつつ、
開花宣言初期から支えてくれているファンに感謝の言葉。

3人が卒業して不安があってもがんばって行くという決意。
本当に立派な挨拶だったと思います。



16.アンコール『みんなの笑顔』『VITALITY!』 (TT)(TT)(TT)(TT)(TT)

いつものイベントではアンコールは1曲だけだったので、
『みんなの笑顔』が始まった時は『VITALITY!』は?!とちょっと心配になったけど、
ちゃんと2曲あってひと安心。

これらメンバー作詞の3曲はやっぱりファンにとっても特別です。


そして・・・

先週の水曜ニコランでも少しだけ話題に出ていた事ですが、
『VITALITY!』の2番で忘れられない出来事がありました。


本来のソロで歌う担当パートは、

さきぴょん「楽しむための人生さ 人間らしく」
きーちゃん「よく食べ よく寝て よく遊ぶ 考えすぎなくていい」


けれど「楽しむための~」の部分で涙で言葉に詰まり、
歌えなくなってしまったさきぴょん。

それをフォローするように、
なんととっさの判断で「人間らしく」の部分から歌い出したきーちゃん!!。


さきぴょんって以前は僕にとってはあまり興味を持てる子では無かったんですが、
ここ1年くらいで色々と成長してすごく良くなったと思っています。

それを同期だけど本当の姉のような優しさで支え続けて来たのがきーちゃんです。



この歌でのフォローを目にした時、
僕の頭の中に2人の関係の思い出が
 走馬灯のように一瞬で駆け巡りました!!



引き継がれる想い!!!
魂!!!! 

きーちゃんの最後のサポートを受け、
自立したさきぴょん伝説 第二章がここから始まるのだっ!!ヾ(`Д´)ノ




img001.jpg



 ( 妄想もここまで行けば清々しいだろう。( ・`ω・´) )



今回の開花宣言でのベストシーンにはマキヨ2人の抱擁を挙げる方が多いんじゃないかと思いますが、
あれは多分リハーサル段階から予定されていたもので、
いわば作られた感動に感じて僕はもう一つノリ切れませんでした。

けれどこちらは本番の舞台でしか見られない、
決して再現の出来ない出来事。

あの場面でとっさにフォロー出来たきーちゃんの集中力・判断力・優しさ etc. には、
思い起こしても賞賛の言葉しかありません。
氷の心を持つ僕でもグッと来ました。

間違いなく今イベントのベストシーン、
そしてきーちゃんの3年間の活動の中でも最も印象深いシーンのひとつに挙げたいと思います。





全体の感想

今回はどの演目もしっかりしていて全体としてテンポも良く、
いらないと書き続けてきたゲストコーナーも無く、
卒業補正を抜きにしてもきっと楽しめた開花宣言でした。


とは言っても運営面への不満は相変わらずたくさん。
今回は野暮なことと思いつつサッと挙げておきますと、

・グッズの各メンバータオル販売で案の定手間取りまくっていて、開演時間に全く間に合わなかったこと。
・その上タオルはメンバーによってはすぐに売り切れて買えない人が続出したこと。
・握手会では列が非常階段の1階まで並ばされていたこと。
・グッズ写真のつめ方が非常に雑で中身がほぼ同じパックが多数あり、
 それがさらにかたまっていたので、複数パック買った人は未だかつて無くダブりまくったこと。
・5upロビーに個人宛ての花まで数日間置きっぱなしで放置されていたこと。

次回は改善されることを望みます。



卒業生について

それぞれとても思い入れのある3名なので、
簡単にですが感想的なものを。

じぇじゅん♀さん

初めて観たのはつぼみに入る前の女タレコース卒業公演。
その中から選ばれるつぼみ新メンバーは誰かなーと色々予想したものですが、
異端過ぎたじぇじゅん♀は当然ノーマークでした。

それがまさかのつぼみ入りからの活躍は、
本当に驚異の新人っぷり!。
1年目なのに確立されたキャラ、ぶっ飛んだ芸風で、
停滞気味だったイベントに新風どころか台風を巻き起こしてくれました。

昨年度の井後マネージャー唯一のファインプレイは
じぇじゅん♀をつぼみ入れたことだと僕は思っています。

ピン芸人・人妻ニャンコになっても彼女のことなら全く心配要らないでしょうが、
もう少しつぼみを引っ掻き回す姿を見ていたかったという気持ちもすごくあります。




今井希世さん

もしつぼみメンバーのファン人気投票をしたら間違いなくトップ争いをしただろう人気者。
でも総合的なポテンシャルの高さはメンバー内でも随一で、
その程度に納まっているべきキャラではなかったと僕は思っています。

もう少し自分を出す積極性と戦略性があったら・・・
なんて今でも色々と考えてしまいますが、
そういう計算の出来なさも良い所だったのかな。

どこまでも真面目で、真面目を通り越して来る天然キャラは最強の癒しでした。

マキヨとしては一見凸凹コンビに見えて実はお互いに足りない部分をちゃんと補完し合えている、
本当に良いコンビだったと思います。
2人で担当したMCではまーぼうのサブ的な立ち位置でもとても良いアクセントになっていたし、
特徴的な漫才・コントでつぼみの外でもどんどん戦えた、
お笑い部門エースとしての活躍を忘れられません。




たみ優子さん

つぼみ初期ではキャラ探しに困っていたなんて話をしていましたが、
いつの間にかニコランでもイベントでも最強のいじられキャラを確立し、
とりあえず”困ったらたみさんいじっておけば鉄板”という流れがメンバーにもファンにも定着してましたね。

そんなつぼみ内最強キャラの一面を持つ一方、
惜しいのはつぼみの外での活動がほとんど見られなかったこと。
チャンスすらなかなか与えられなかった悔しさを思うと、ただただ残念でもあります。

たみさんをメンバーの中で一番推しているファンはそれほど多くなかったけれど、
嫌いという声は一切聞いたことがありません。
実はみんなたみさんんことを結構好きだったというのを
最後だからしゃーなしで書いておきます。

最後の出演となったニコランで
さきぴょんが「今までのどのM-1チャンピオンよりも、たみさんの方がおもしろいと思う!」と
告白したのがすごく印象に残っています。
最年長としてみんなを引っ張る!キャラでは無いので、
代わりに本当に盛り上げて、楽しませて・・・。 
どこまでもいい奴




今後について


まずはドラえもんから有名なセリフを。

dora1.jpg



つぼみが落ち目かと言うとちょっと違っていて、
メンバー個々では色々と動きはあったものの、
クループ全体としては特に浮き沈み無く、長い間停滞を続けているように感じます。

ですが今回の3人の卒業はつぼみというグループにとって本当に痛手。
井後さんの昨年度のファインプレイはじぇじゅん♀を入れたことと書きましたが、
ワーストプレイはこの3人に卒業を選択されてしまったマネジメントの不甲斐なさでしょう。


ありがたいことに「このブログとかを今後どうするの?」と聞いていただく事が結構あったんですが、
僕自身は本当にいつも楽しませてくれているつぼみみんなに感謝しているし、

何と言っても他にあまり趣味が無いので!! ←
まだしばらくはお邪魔したいと思っています。


残ったメンバーにも心配は尽きないでしょうが、
そんな気持ちを振り払うためにも次の14日のイベントに向けて
毎日一生懸命準備を続けているのがわかります。


そんな姿を見ていたらもうね・・・。



そう、



いつ つぼみを応援するか?









ima2.jpg

今でしょ!!!






ちなみに上のドラえもんの話のラストはこうなります。


dora2.jpg

のび太の活躍と秘密道具の力を借りて人気が戻った宇宙ターザン。

けれどそのことを決して自慢することなく、
自分が宇宙ターザンごっこの端役にさせられても
ただ純粋にターザンに人気が戻ったことを喜ぶのび太△

Posted on 02:41 [edit]

category: つぼみ

tag: つぼみ全メンバー  稲垣早希 

つぼみの開花宣言!! Final ~目指す夢~ <前編>  

3月31日(日) 5upよしもと
つぼみの開花宣言!! Final ~目指す夢~

初の5upよしもとでのつぼみライブ。
開花宣言シリーズの最終回。
じぇじゅん♀、今井希世、たみ優子 3名の卒業。

つぼみというグループにとって、
多くのファンにとって、
大きな意味を持ったイベントだったと思います。



イベントの流れ

今回は「ココ、泣き所!」ポイントに、その強さに応じて(TT)マークを付けました。
(※僕は全然泣かなかったけどね!!)


0.開演前、練習風景のVTR  BGM『歩いていこう』 いきものがかり

1. オープニングショートVTR (19:03)

2. オリジナルソングメドレー 
 『恋のゲッチャンスビリーブ』 チームcute
 『愛☆ハレーション』     チームfunny (TT)
 『☆ビリオネア☆』      チームcool
 『cheer up』 全メンバー

3. MC 安田由紀奈、 桜 稲垣早希

4.全員参加コント (福田麻貴 作)

5. MC 安田由紀奈、 桜 稲垣早希

6. パフォーマンスショー (19:50)
 ・マキヨ 漫才『リアクション・共感力』 (TT)
 ・中上亜耶 マジック 
 ・じぇじゅん♀ 『BLアザラシ物語』
 ・シュークリーム 漫才『嫌なこと続きの一週間』
 ・りんごあめ メイド漫才
 ・たみ優子 漫談 たみのこ

7. ダンス『Time goes by』 チームMIX

8. MC 安田由紀奈、 桜 稲垣早希 (20:20)

9. コーナー 思い出写真グランプリ

10.開花宣言振り返りVTR (20:38)

11.卒業生 3名挨拶  (TT)(TT)(TT)

12.花束贈呈 (TT)(TT)(TT)

13.会場からのメッセージカード紹介

14.歌『目指す夢』 (21:03)  (TT)

15.福田麻貴 挨拶

16.アンコール 
 歌『みんなの笑顔』  
 歌『VITALITY!』 (TT)(TT)(TT)(TT)(TT)

 21時25分終了。 握手会へ





各演目の中身について

0.開演前、練習風景のVTR

最近恒例になっている開演前のVTR。
今回はセリフが入っていなかったが、
初公開の練習風景の映像。

BGMはいきものがかりの『歩いて行こう』。

たしか以前のメンバー卒業でもこの音楽だったと思うけど、
こういう時にこの歌は聴くだけで涙が出る。

どうでもいいけど、
いきものボーカルの吉岡聖恵さんはまーぼうに一番似ている有名人だと思う。
(目が離れてる的な意味でも。←)



2. オリジナルソングメドレー

チーム曲を聴くのが久々過ぎて、
最初出ているのがチームcuteだと気付くのに少し時間がかかった。

ここで(TT)ポイントはやはりチームfunny。
3人の卒業生が全員所属。


つい半年前まではこの6人

BEGge.jpg


それが4人になり

img_3110.jpg


そして次からはまーぼうだけになってしまうなんて・・・。

この個性豊かな各メンバーにぴったりの衣装も大好きだったので、本当に寂しい。


funnyは初鳴卒業の後に再編されてからも卒業生続きで、
残ったオリジナルメンバーは現cuteのあやつるぽん1人だけです。

某A氏にfunnyは鬼門と言われてしまったけれど、
本当にそうかもしれない・・・。


(※でもまーぼうが一人で「ぼんきゅっ ぼぼぼん!」って歌って踊ってたら
 それはそれで絶対面白いからぜひ見てみたい悪い僕もいます(・ω・) )




そして『cheer up』。

ここでなんと、

15人中唯一 きーちゃんだけがTシャツの裾を絞ってへそ出しstyle!!



120507.jpg
↑こんな感じ

そうするのが単に踊りやすいからなのか、
サービス精神からなのか、
それとも単に露出願望があるからなのか、←
この子の場合本当にわかりません。


以前チア衣装でへそ出しをしていたときはなんだかこちらが恥ずかしくてあまり見られなかったけど、
これも最後と思うともうね・・・・







A列からしっかりガン見しておきました<●>≡<●>




3. MC 安田由紀奈、 桜 稲垣早希

開花宣言の思い出を振り返っていたトーク。
第1回で早希ちゃんの妹分を決めた時にたっきーが選ばれて、
悔し涙を流したというエピソードが出たまりこりん。

あの頃はそんなに純粋だったんだね・・・。←



4.全員参加コント (福田麻貴 作)

登場人物

たんぽぽボランティア会 チーフ・・・今井希世
     〃      新人・・・福田麻貴

マジシャン・・・中上亜耶
バトン練習中のアイドル?・・・杉山優華、松下千紘
警官・・・加藤茉奈
公園管理人・・・金沢沙里衣

カレン様・・・山口綾子
カレン様の取り巻き女子高生・・・小寺真理、たみ優子
カレン様の幼なじみ・・・樋口碧子
カレン様の母・・・じぇじゅん♀

幼稚園児(福田麻貴の妹)・・・八木沙季
ストリートミュージシャン・・・吉岡久美子、しより


あらすじ

舞台はのどかな公園。
清掃中のたんぽぽボランティア会の2人は、
マジックの練習をしていた中上が落としていった
書いたことが現実になるという”魔法のノート”を拾う。

今井が半信半疑に「ボランティア会の入会者が増えますように」と書いてみると、
次々と入会希望の電話が殺到した。

本当に魔法のノートであることを確認した福田と今井は、
無くしたノートを探しに戻って来た中上に嘘をついてノートを自分たちの物にする。


そこへ通りがかったカレン様一行。
いじめられている樋口はカレン様とその母に強制労働のため連れて行かれる。

ボランティア会が残された取り巻き女子高生2人に事情を聞くと、
樋口はカレン様と幼なじみで元々は仲が良かったが、
彼氏を奪おうとしてからずっといじめられているという。

その他にも2人の悩みを聞いていたところへ
福田の妹・幼稚園児の八木が登場。
あれがほしい、これがほしいとダダをこね、
姉とケンカが始まって大暴れ!。

どさくさの中でベンチに置きっぱなしになっていた魔法のノートを手にしたのは
ちょうど公園に帰ってきた樋口だった。


突如、家の寿司屋を継げと角刈りにされてしまって泣き叫ぶ小寺。
5年間好きだった男が自分の誕生日に他の女と結婚するという連絡が入るたみ。

『慟哭』....。



再びノートを探しに現れる中上。
今度は正直にノートを自分たちの物にしようとした事、
でも今は樋口に持ち去られてしまった事を告げる今井だったが、
24時間以内に書いたことを消さないと取り消せなくなってしまうことが判明する。

急いで樋口を探しに出る全員。

そこで偶然魔法のノートの話を聞いたストリートミュージシャンの2人。
世界中に平和を届けたいからそのノートを自分達も欲しいと、
くしゃくしゃになった紙に書かれた歌を披露する。

上戸彩 結婚したらええやん♪
赤西 結婚したらええやん♪
倖田來未 出産したらええやん♪



一方、樋口を見つけ出して追い詰めた面々。

「ノートを返せ!」
樋口「いやよ! あなたに復讐するためにノートを手に入れたのよ!!」
言い争うカレン様と樋口。
「もうやめてーーー!!」 一番関係ないのに響き渡る今井の声。


そんな騒動を聞きつけて現れたカレン母(じぇじゅん♀)。
中上はその顔を見て、
昔、魔法のノートを1ページ買い取った人物であることに気づいた。

それを何に使ったのか問われたじぇじゅん♀は、
とっくの昔にくしゃくしゃにしてその辺に捨てたと答えた。

くしゃくしゃの紙にピンときた杉山は
ストリートミュージシャンが歌詞を書いていた紙を見せてもらうと、
そこには『カレンの彼氏が樋口と付き合う』という文字が書かれていた。

そして1年前にその紙に書かれた歌詞(上述)が
今では全て現実になっていることにも気付く。

そう、そのくしゃくしゃの紙はじぇじゅん♀が1年前に捨てた魔法のノートの切れ端だった。


カレン様「ママがやったの??!」

じぇじゅん♀「そうよ! 美しい樋口が憎かったのよ!!
 私は金も名誉もすべて手にしてきたのに、
 どうして美しい娘だけは手に入れられなかったの?!」

全てを打ち明けた後にカバンから拳銃を取りだし、
全員殺して自分も死ぬ!と暴走するじぇじゅん♀。

とっさに拳銃を取り上げ、制止する加藤警官。
拳銃が欲しいと大暴れする八木。
耐えきれずにじぇじゅん♀、加藤は逃げて行った。


その騒動を見て我に返ったカレン様と樋口は互いに非を認め合い、仲直りする。
樋口は魔法のノートに書いたことを消す。

角刈りから元の髪型に戻る小寺。

たみも好きだった男の結婚を消して欲しいと樋口に言うのだが、
それはノートに書かれて起きたことでは無かった。


たみだけはガチ。




コント感想

昨年のガールズライフ公演でも見られた
メンバーの事を知り尽くしているから出来る配役。

「全員でのコントは初の試みだったけど、
今の15人でできる最後のチャンスにどうしてもやりたかった」

そう語ったまーぼうですが、
特に卒業3人に当てられた役はそれぞれの特徴を遺憾なく発揮させた、
本当にピッタリの役でした。
まーぼうから3人への最高の贈り物だったと思います。


つぼみファンなら思わずニヤリとさせられてしまう実話をちょいちょい入れてくる所もすごく憎い演出ですし、
次々と伏線を回収してまとめるラストも小気味よく楽しくて、
観ていてとても気持ち良い劇でした。


そしてずっと聴きたかったたみさんのカラオケ18番『慟哭』を、
最後にこんなところで聴けるなんて!。

歌の途中からシュークリームとこまピペの乱入がありましたが、
僕は本当にたみさんの慟哭をソロでずっと聴きたかったです。←
(邪魔されて騒ぐ幕切れももちろんたみさんらしくて良いのですが。)


あとはYUIの『CHE.R.RY』替え歌を演奏したくうちゃん。
随分長い間ギターを弾くのを見ていませんでしたが、
ブログを読んでみたらネイルのオシャレをするためにギターを弾けなかった様子?!w。

くうちゃんの雰囲気にアコギがすごく似合っていて良いと思うし、
僕はネイルにはあまり興味が無いので、
今後はもっとギターを見せてもらいたいです!。


(余談)

何でも願いが叶う魔法のノートならば
なぜカレン母は「娘を美しくしてほしい」と書かなかったのか。

たみは「好きだった男が自分と結婚するようにしてほしい」とか書けばいいじゃん!とか、
樋口はなぜカレンでは無く、小寺だけを狙ってノート攻撃したのか?なんて。

色々とイジワルを考えてしまうのですが、
コントでそういうことを言う男はまた嫌われるのでここまでにしておきます(^w^;)



5. MC 安田由紀奈、 桜 稲垣早希

ここでやっすぅが大ミス!。

たみさんのエピソードを
「5年間付き合っていた男性が誕生日に他の女と結婚した」と紹介していましたが・・・


付き合っていません!!!

5年間ストーキングしていただけです!!←



たみさんも後からそこを友達に突っ込まれたとブログで訂正していたので、
ここにもちゃんと書いておきます。



6. パフォーマンスショー

・マキヨ 漫才『リアクション・共感力』 (TT)

マキヨはトリだと思っていたので、いきなりトップバッターで出てきて驚き。

もうお得意の妙にシリアスな演技を入れての漫才は、
わかりやすくてやっぱり華があって・・・
これで見納めなんてとても思えない、
本当にいつまでも観ていたい漫才でした。

暗転してしまったので後ろの席では見えなかったと思いますが、
最後に「ありがとうございました」と頭を一度下げた後、
捌けながらもう一度、客席へ向けて二度目の頭を下げたきーちゃん。

その姿に(TT)


ここでついでに書いておくと、
いつもは舞台が入れ替わるときもずっと照明がついていたのに、
なぜか今回はほぼすべてに暗転が入っていた。

こちらとしては舞台を捌ける様子も観ていたいし、
最後の最後、アンコールの後の全員退場までなぜか暗転させられて全く見えず、
なんだかなーという気分を味わった。

ダメダメな照明演出、これは今後絶対やめてほしい。



・中上亜耶 マジック 

久々にお客様参加型マジック。

挙手してくれた方から1名選んで舞台にあがってもらうんですが、
最初に当てたDさんが中央の席で出て行きにくそうにしているのを見たあやつるぽん、
なんとすぐに「じゃあ他の出やすい席の方!」と切り替えましたww。

がっかりするDさん・・・。

そこで次に当てられたのは、
このブログ出演常連のA氏でした。

Dさんに全く遠慮するそぶりも無く、
当てられて「やった!」と会場に響く歓声を上げて堂々と壇上へあがって行ったのです。
あの巨体で生き馬の目を抜く素早さに関しては右に出る者が居ない、
本当に恐ろしい男です・・・。


マジックはA氏がノートに書いた図形を見ずに当てるというもので、
みごとに成功。

図形を思い描くときに目を閉じたA氏に向けて
「寝ないで下さいね!」という一言や、

書いた図形にサインをして交換した後、
「私はこれ、すぐに捨てますけどね♪」なんていう
珍しく気の利いたトークがウケていてよかったと思います!。




・じぇじゅん♀ 『BLアザラシ物語』

BGMはこの後のトークであやつるぽんが「音はいい」と言っていた
鬼畜眼鏡『Under The Darkness』



たしかに出だしの音がかっこいい。

でもこれは”ボーイズラブ系アダルトゲーム”の歌です!。
それを念頭に歌詞を見てみると色々と・・・ (´ω`;)

ちなみに上の動画の関連動画を見てみると常軌を逸している物ばかりがしっかり揃っておりまして、
素人が気軽に腐女子に関わってはならないというのが良く分かります。


さて舞台の方はブログで予告していた合図に元気に挙手した人へ私物プレゼントからスタート。
あやつるぽんのサマックでもそうなんですが、
ちょっと欲しくてもやっぱりこういうのはその子をイチオシしているファンの人に当たるべきという考えがあるので手を挙げにくい。

観客席に颯爽と飛び降りてバッグを素っ気なくパスする姿がかっこいい。

そして肝心のネタは一転して静かなエンヤのBGMに切り替わってのBLアザラシ物語。

色々あんなことやこんなことをしていましたが・・・
ちっとも頭に入ってきませんでした\(^o^)/

会場ほぼ総ポカーン状態でもキリッと舞台を降りて行く姿がやっぱりかっこいい。
この子の持ってる雰囲気はほんとすごい。



・シュークリーム 漫才『嫌なこと続きの一週間』

「あのネタの後に何したらいいねん?!」という良く分かる入りで客をしっかり掴んでからの漫才。

くうちゃんのリアル環境をちょいちょい入れたネタと、
あの見た目で毎度きついボケをするしよりちゃんが面白い。

ただ2人ともちょっと早口で説明を積み込みすぎなので、
注意深く聴かないと難しい点は惜しいなと思います。



・りんごあめ 漫才

ぐっさんのバイト遍歴・見た目イジリからメイド喫茶の話に入った流れには
正直「またか」と思ってしまったけれど・・・

その後のいつもと攻守を逆転させての展開、
そしてぐっさんのビンタ!。

そこからはとてもテンポも良く、
今回はほんと面白かったと思います!



・たみ優子 漫談 たみのこ

久々に登場のたみのこさんによる、延々と続く自虐トーク。

ほぼ身内受けの内容ばかりですがそのどれもがつぼみファンにはツボなエピソードばかりで、
いじられキャラとしてのたみさんの存在の大きさを再認識。

過去のイベントでは手見せで落とされるのが続いて出番をなかなか与えられなかったのは、
そういう普段のたみさんを知らない外部の演出家によるものじゃないんでしょうか?。

やりきれないね。






まだまだ書きたいことがてんこ盛りの =後編へ続く=

Posted on 00:55 [edit]

category: つぼみ

tag: つぼみ全メンバー  稲垣早希 
tb: 0   cm: 5

Gift ~つぼみからのクリスマスプレゼント~ (←本文を書くのに疲れ切って、面白いタイトルが全く浮かびませんでした)   

12月24日(月) Gift ~つぼみからのクリスマスプレゼント~
16:00開演 大丸心斎橋劇場


イベントの流れ

0.メッセージVTR

1.前説(トナ子&トナ美) (16:00-)

2.『All I Want For Christmas Is You』 Mariah Carey ダンス
~ オープニングVTR ~
~ 演劇 ~ 
  『Santa Claus Is Coming To Town』 ダンス (-17:20)

休憩

3.クリスマスソングメドレー 6曲 (17:27-)

4.トーク MCマキヨ (17:37-)

5.プレゼント交換会 (17:40-18:10)

6.安田由紀奈 歌『あなたに会えるクリスマス』

7.桜 稲垣早希 歌『銀河のクリスマス』

8.全体歌 『君のもとへ』

9.次回告知

10.アンコール 『cheer up』

11.吉岡久美子 挨拶 (-18:35)


Posted on 02:47 [edit]

category: つぼみ

tag: つぼみ全メンバー  稲垣早希 

もうちょっとだけのつもりがまた無駄に長くなってしまった。もう変に時間かかりすぎてブログ辞めたい← 【後編】  

つぼみの開花宣言vol.13記事 後編です。

よかったら前編から読んでみてください。
http://tsubominn.blog.fc2.com/blog-entry-20.html



各演目の感想など つづき

11. 福田多希子、北山麻依加 卒業の挨拶


たっきぃは予想通り立派な挨拶の中に
ずっと言いたかっただろう本音が見られたとても正直な文章。
これに関してはまた後ほど。


本当にびっくりしたのはまいかの手紙。
一部はゴーストライターが書いたんじゃないかと疑いたくなるくらい立派な内容、
そしてしっかりと心を込めて発表する姿。
まさかまいかがあそこまで出来る子だったなんて!!w。

この子がつぼみに入ってきたときも、
同期の村ちゃんの方は入って当然という雰囲気でしたが、
まいかは入団自体がサプライズでした。

そしてR-1、ニコラン等で見せてくれたとんでもない粗挽き芸、
底が見えないくらいの驚きの明るすぎるキャラ。

新喜劇入り発表もたっきぃは既にわかっていたけれど、
まさかのまいかもついてきたサプライズ。

わずか1年半という在籍期間でしたが、
最初から最後までサプライズだらけの台風のような存在でした。

まさに”アホも突き抜けるとすごい!!”という好例ですね!←。

手紙の最後にやりたいと言っていたように、
この子が日本中を明るく元気にする日が本当に来るかもしれないと
本当に思えてくるくらいのアホパワーと意外性を持った子だと思います。





全体の感想

イベントとしては非常に不満足だが、
 2人の手紙になんとか救われたvol.13


このところ開花宣言ってすごく保守的で、全く変化がないですよね?。
次の演目が発表される前から何をするのか言えそうな勢い。

以前パイセンフレンドパークの記事を書いた時に
「安心のいつもの」と表現しましたが、
開花宣言もいつの間にかそれになってしまっている。

けれどこちらはそのこと自体を一種の売りにしたような茶番劇ではなく、
ガチ舞台だったはずです。
「安心のいつもの」は手抜きの構成でしかありません。


ファンのニーズを無視し続けた結果がコレダヨ┐(´-`)┌

 
まずネタの面では前編に書いたじぇじゅん♀の新ネタ落ちと、
まいかのネタ発表選考落ち。
たとえそれが頭で野菜を割るだけでも、おしりで風船を割るだけでも、
まいか最後のネタ発表を見て「本当にアホなヤツだったな~ww」なんて
送り出したかったのがファン心理じゃないでしょうか?。

このイベント日程だけ見ても、
せっかくの3連休なのにその最終日のしかも夜開催。
遠方からわざわざ来てくれるファンは本当にありがたい存在だと思うんですが、
そのことを全く考えていないですよね。
次回12月24日も3連休なのに同じく最終日なのを見て唖然。

そしてゲスト枠。
はっきり言うとつぼみファンから見たらどのゲストももう要らないという声が多いのですが、
早希ちゃんは客をちゃんと呼べるので、
どんだけお遊び気分で来られようがゲストとしては"ギリギリセーフ"なんです。
(昼間にあったCD手売りの来場者数を見るに、
 多分50人分くらいは観客増員に貢献しているでしょう。)

ただ開花宣言初期の頃のように早希ちゃんファンにつぼみ認知させ、
ファンを受け皿として移行させるという目的はもうとっくに達成済みですので、
ずっと同じ使い方は考え直すべきですね。


大問題はそれ以外のゲスト。
あの人たちを呼ぶことで入場者が少しでも増えているんですか?。
つぼみメンバーの出番を削ってまで、あんなに時間を割く意味はあるんですか?。

開花宣言はつぼみのメインイベントです。
お笑い芸人とつぼみの共演は他のイベントで十分見ているし、
開花宣言でまでやる必要性が全く無い。

観客の誰も望んでいないのは明白なのに
全て井後マネージャー担当の芸人からゲストが選ばれていることから、
彼の成績アップのためだけに呼んでるんじゃないかと勘ぐられて当然です。



たっきぃの手紙について

ブログに手紙の全文を掲載してくれました。
http://taki5kisei.laff.jp/blog/2012/10/vol13-6689.html

こういう時に周囲に気遣いすぎとも取れるような行動を、
しっかりとした考えを持ってできるのが彼女の良さですよね。

その中で気になった部分の引用

>もっとつぼみの外でも活躍したかったですが、
>まず活躍する機会自体がまわってこなくて辛い日々でした。



これはファンからみてもすごく気になっている部分で、
つぼみ全体以外でのイベント、ラジオ、営業、
それらに呼ばれるメンバーは昔からほぼ固定されています。
そりゃあ考えずにお気に入りを使い続けるのは楽だし、
ある程度見栄えもするでしょう。

でもそれ以外のメンバーはちゃんとそこに参加する競争のチャンスを与えられているのでしょうか?。
たっきぃのこの言葉を見るとその点が増々心配です。
正直、なんだか交代が無いことに安住している感のするレギュラーもあります。
つぼみ内での適切な競争と選抜はモチベーションを保つのに大切な要素のひとつなのは間違いないはずですが…。


さて、ここまで運営側の批判ばかりになりましたが・・・

まいかが「9組ネタ見せの試験を受けて、8組合格した」と言ったことから、
合格した8組とまいか以外はその試験を受けてすらいないという事がわかりました。

繰り返しますが、開花宣言はつぼみのメインイベントの1つのはずです。
その舞台に立つチャンスを受けようとすらしなかったメンバーは何をやってたんですか?。

そりゃ散々書いてきたように、
そのネタ見せの審査員が誰か知らないけどすっげーバカなのは良くわかってます。
(さっきたっきぃのツイキャスを聴いていたら、
 思い出のR-1 春麗ネタを本人がやりたかったのに、日中関係が今シビアだからと止めさせたとか…。
 まじでバカすぎて( ゚д゚)ポカーン)


ですが・・・

ここでもう一度たっきぃの手紙から、

>じっと待つのではなく、たとえ大きなチャンスが回ってこなくても“目の前のことにベストをつくす”



これは言葉で言うよりも実践するのはずっと難しいことだと思います。
ですがそれをしっかりニコランでも、舞台でも続けてきたたっきぃは、
自分の夢である新喜劇への道を掴みました。

別にその時ネタに自信が無くてもいいじゃないですか。
『こまさき』のショーみたいに、お笑いじゃなくてもいいじゃないですか。

とにかく何をしてもまずは舞台にあがる気合を見せないと!。


ラスト引用

>どんな状況でも諦めなかった強さは、つぼみで得た何よりの財産だと思います。




そう、




url.gif





裏MVP 河童隊よ永遠に...

今では〇〇隊なんて言うファンが結構乱立してきて
つぼみのイベントは客席も賑やかになってきましたが、
その間違いなく先駆けとなった『河童隊』。


僕から見た河童隊の歴史

何あの緑かぶりものwキモシww
集団で座ってるしwwwwウケルwww

なんかいつも居るなぁ、あいつら・・・

あ、なんか知らんけどうちわ配ってるの貰っちゃった… (゚.゚* )

あの…、
たっきぃの写真とかあるけど・・・、
交換してもらえませんか?←

初めて話してみたらいい奴らやん!\(^o^)/

よっしゃ飲みに行くぞー!\(^o^)/

河童隊も卒業・・・ 寂しい(´;ω;`)


そこに交流があったかどうかは別として、
大体皆さんも同じような感想じゃないでしょうか?(←決めつけ)。

そりゃあんな被り物かぶるの、
最初はめちゃめちゃ恥ずかしかったに決まっています。
色々言う人もいるに決まってます。

でも率先して盛り上げるためのファン活動を初め、
かといって騒いで目立ち過ぎることも無く、
存在自体がイベント名物になってしまうという、
まさに『継続は力なり』を態度で示してくれた事を僕は同じファンとして本当にすごいと思います。

たっきぃ以外のメンバーからも好かれていたのも、きっとそういうことですよね。

こんなことは僕が言うまでもないでしょうが、
卒業しても今後もたっきぃとつぼみの応援、
そしてその姿をまた近いうちにどこかのイベント会場で見られることを期待しています。

(目離れてる隊としての復活も結構本気で期待してます←)。

o0480064012227664838.jpg
(写真は河童隊Dの人からお借りしました http://ameblo.jp/2tyakustaygold/entry-11374784535.html)




最後に

開花宣言というイベント形態自体がもう賞味期限切れな感がしないでもないですが、
とりあえずは『そとばこまち』の演出家とごっしーはどう見ても使えねーから速攻で変えるべきですよっと、
サラッとにこやかに言い残して締めくくりたいと思います(⌒▽⌒)

こんな長い駄文に最後までお付き合いいただいてありがとうございました!!

Posted on 01:01 [edit]

category: つぼみ

tag: つぼみ全メンバー  稲垣早希 
tb: 0   cm: 4

漫画ドラゴンボールは「あともうちょっとだけ続くんじゃ」と言ってから連載が6年続きました。ここはひとつ、開花寸前と言ってもあと6年くらいはおおらかな目で見てあげる心構えがいるんじゃないでしょうか??!(ぇ 【前編】   

10月8日 
つぼみの開花宣言vol.13~開花寸前スペシャル~ OBP円形ホール
18時開演

1-16-44[1]

なんだかすごく長くなりそうなので、
前・後編で更新したいと思います。


演目リスト

1. チームcuteによる音声案内

2. カラオケヒットメドレー(恋愛ソング?)
 ・今すぐkiss me
 ・恋心
 ・世界中のだれよりきっと
 ・雨
 ・恋愛レボリューション21

3. マキヨMC トーク・稲垣安田登場

4. パフォーマンスショー part.1
 ・りんごあめ コント
 ・あやつるぽん マジック
 ・たみ コント バイト探し
 ・じぇじゅん コント BL作品タイトル読み
 ・やっすぅ コント カーテンコール

5. MC 稲垣 安田

6. パフォーマンスショー part.2
 ・マキヨ 漫才 朝ドラオーディション
 ・こまごめピペット+八木沙季 バトン&ダンス
 ・たっきぃ コント ドラゴンボール チチの裏口入学
 ・シュークリーム 漫才 保母さん

7. MC マキヨ

8. つぼみ vs 5up芸人

9. MC マキヨ

10.安田由紀奈 歌『ムリ』
  桜 稲垣早希(ムカサキ) 歌 『青色の春』

11. 福田多希子、北山麻依加 卒業の挨拶

12. 歌『目指す夢』

13.アンコール 歌『VITALITY!』  

20時18分終了~ 握手会へ





各演目の感想など

1. チームcuteによる音声案内

音質が悪い上に会場の雑音(まだ周囲と喋っている人、移動する人)が多くて良く聴きとれない。
途中から何をしゃべっているのか聞きとるのを諦めた。←
これは僕が悪いのか、それとも会場の想定を全くしていない始め方が悪いのか。


2.カラオケヒットメドレー

ただのカラオケで、歌も大して上手くない(←はちみつ談)のだが、
つぼみファンの中心年代(30-40代)のドストライクをついてくる選曲には盛り上がらざるを得ない!。

LINDBERG『今すぐkiss me』はベタだけど個人的につぼみバンドでやって欲しかった曲ナンバー1なので、
ここで使ってしまったのはちょっと惜しい。
つぼみバンドを音人だけで無くこういうところでも使ったらもっと幅が出そうだし、
音人への集客にも少しつながる気がするんですが、準備とかの関係で難しいかな?。

森高千里『雨』での傘を持ったじぇじゅん♀の姿には演劇祭のシーンを思い出してハッとするものがあった。
あの子はなんだかわからなく変人だけど、時に立ち姿がすごく綺麗だと感じます。
この歌のじぇじゅん、しより、たっきぃの組み合わせでのステージは雰囲気のあるいい演出だった。


3. マキヨMC トーク

ここのトークで出た、
まいかが開花宣言で披露するネタオーディションにただ一人落ちたこと、
かっぱ隊も卒業すること 
この2点はまた後編で。

まーぼうのMC力は最初から全開!。
自分も出演しながらあの観察力とツッコミは本当にすごいと思う。
ただただ感心


4. パフォーマンスショー part.1

りんごあめのメイド面接コント。
以前のものとは中身が多少は違うんでしょうが、激しく既視感。
この後のトークで「初心に戻ってこのコントをやることのした」とまりこりんが言っていましたが、
前回の記事で書いたように最近少し迷走している部分を本人たちも感じていてのこの選択だったんでしょうか?。
ならば今回は見なかったことにしますので、←
次回こそその言葉を信じて期待大です。


あやつるマジックは普通に腕を上げて、もうタネがサッパリわからないしスムーズ。
あとは導入の演技部分と終わり方をもう少しうまく出来るようになれば
どこに営業に行っても安定だと思います。


たみちゃんのは実際にある面白いバイト募集をネタにした、
同じようなネタをよく見たことあるような。
なんだか画像のポイントがずれていて、やや出落ち。


じぇじゅん♀のネタは今までのフリップのBLのタイトルと曲を変えただけ。
新ネタをやりたかったけどやらせてもらえなかったとネタ中に言ったのは
彼女の反抗心だったんじゃないのか?。
つぼみファンなんて数が知れていて、
イベントには毎回同じようなメンツが来るんだから、
同じネタを使いまわすのはそれだけでかなりマイナスポイント。
新ネタでのチャレンジを否定し、
旧ネタでだだスベリさせた作家(?)はちゃんと責任を取ってほしい。


やっすぅコント カーテンコールはただしつこい感だけ。
実際の観客に拍手を貰えるような展開にするとか、もう一工夫必要だった



6. パフォーマンスショー part.2

マキヨ朝ドラオーディション。
何度か見たことがあるので欲を言えば新ネタを見たかったが、
改良も加えられていたし、まーぼうのあの演技は毎度「すごくいいです」。


こまピペ&八木沙季のダンスは人形が動き出すストーリーが加えられていたのは面白かったと思う。


たっきぃはチチのコスプレが意外と本物に似ていた←。


シュークリーム漫才は個人的にしよりちゃんのボケがなんだかわからない勢いがあって面白い。
それにツッコミのくうちゃんがテンポよく、うまくのった時はすごくいいんだけど、
今回は少しテンポが悪かった気がする。



8. つぼみ vs 5up芸人

最近のイベント大問題コーナー。

今回は40分近くも尺を取ったにも関わらず、
つぼみから選ばれた8人以外はずーーーっと後ろで立たされているだけ。
それが1回だけならまだしも、ここ数回全く同じ光景が続いている。
一体何を考えたらあんな演出ができるのか?。

毎度毎度時間が押して巻が入り、
後ろの発表が適当orカットされるのも既にお約束。

そりゃ百戦錬磨の5up芸人たちはおもしろいし、はちみつさんの司会はうまい。
けれど会場のほぼ誰も望んでいないあんな使い方は非情に酷だし、
失礼でもあるだろう。

単純にこのコーナーの時間をもっと発表の場が無いメンバーに回して欲しい。


5up芸人他ゲストを呼ぶこと自体に関しては
後編にまとめて書こうと思います。



10.安田由紀奈 歌『無理』
  
だれも知らないあんなにノリにくいオリジナルソングをソロで歌われても一体どうしろと?。
会場( ゚д゚)ポカーン、
ムリムリ歌われても、こっちがムリムリムリムリかたつむりよ!!



桜 稲垣早希(ムカサキ) 歌 『青色の春』

ここにきて全力で口パクのヘナヘナダンス!!\(^o^)/

開演の時間を間違えていて直前まで漫画読んでいただなんて、
しかもそれを恥ずかしげもなく自らの口で公言するなんて、
本当にやる気が無いとしか言いようがない。

そんな時間あるなら自分の歌の一曲くらい暗記しろよ・・・。


僕は口パクの歌手をすべて否定するわけでは当然ないのですが、
そこにはそれ以外に見せる部分、
凄いダンスだったり、ステージ演出だったり、
それまでに積み重ねた名声だったり… があるから許されるわけです。

観客はもちろん、熱心に練習してきている後輩達に対しても、
同じ舞台に立ってそんなやる気ない姿を見せることを悪いと思わないのか?。
いや、あの子は思わないんだろうなー・・・。


僕はまだ一応早希ちゃんファンのつもりですが、
こんなに舐めた態度をとられても一生懸命手拍子したり、
サイリウムを振っている観客をただ冷静に、
茫然と見つめている自分に気づいたのでした。

みんな優しいというか、甘いと言うか…。





きっと後編へつづく

Posted on 01:07 [edit]

category: つぼみ

tag: つぼみ全メンバー  稲垣早希 
tb: 0   cm: 5

最新記事

カテゴリ

サイト内検索

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

プロフィール

RSSリンクの表示

QR